ホーム |  事業内容 |  会社概要 |  あいさつ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  管理者 
top_image
検索


カレンダー
前月2019年 2月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
<今日>
メインメニュー
コンサルティング

  総合コンサルティング業務として私たちが皆様にできること。

   ■不動産業務

   売買、仲介、賃貸、管理などのコンサルタント。
   または、自社にて買い取りや分譲も行っています。

   ■建設業務

   新築、増改築、リフォームなど。

   ■税金業務

   所得税、相続税、贈与税などのコンサルティング。

   ■資産運用業務

   土地の有効利用、投資などのコンサルティング。

   ■その他

   農地の運用許可申請手続き。
   小作権や借地権など権利関係の処理。
   測量・分筆などの相談。

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» よくある質問

目次


資産活用を検討した方がメリットのある方はどのような人達ですか?
1.遊休土地がある。
2.古いアパート・マンションをお持ちで、入居率が低く利回りが悪い。
3.相続税対策を考える時期である。
こんな悩みをお持ちの方は、将来のために資産運用方法を検討すべきです。
それではなぜ、このような方々は資産活用を検討する必要があるのでしょうか?
土地資産には以下のようなトリックが存在します。
遊休土地といいますと一見聞こえがいいのですが、更地は相続財産の評価において、軽減措置がまったく使えません。相続財産である土地の評価においては、その利用状況に応じてさまざまな軽減措置がありますが、更地の場合にはこのような軽減措置が一切ありません。当然ながらその分、相続税は多く払わなければならなくなってしまうのです。



軽減措置の一例
◎事業用・住宅用宅地は最大200平方メートルまでは最大80%も評価額が減額されます。
◎不動産貸付用は200平方メートルまでは最大50%評価額が減額されます。
◎アパート・マンションの場合、貸家建付地となり、更地評価の最大35%の評価減が可能となり、 さらに不動産貸付用の50%減額を適用する事で、58%〜67%も減額されます。
◎更地は評価額の減額は0%です。
相続税対策を行うにあたって考えなければならないポイントはどのようなものですか?
1.節税対策  2.納税資金対策  3.争族対策

※特に地主さんの場合は、これらの対策に土地の有効活用対策が密接な関連をもってくることを認識しましょう。 ※土地利用の基本的な考え方は、相続税対策が第一ではなく、有利な土地活用を行った結果、それが相続税対策につながったと考えるのがベストといえるでしょう。
具体的に相続税対策ってどうすればよいのでしょうか?
相続税に対する様々な控除がありますが、どのようにすれば税金の支払を最小限に抑えることができるのか。「相続税は高い!」と嘆く前に、その内容を検討すれば、低く抑えられる部分も出てくるはずです。



参考その1

基本的な宅地・家屋の相続税評価のしかた
相続税の評価とは取引時点の価格で評価されるわけではなく、市街地の宅地は路線価で、その他の宅地は倍率方式で評価されます。一方家屋の相続税評価は固定資産税評価額で評価されますが、この価格は新築の木造家屋で建築費の5〜6割、新築の鉄筋コンクリート造で6〜7割程度の評価となります。
参考その2

土地活用 贈与税のあらまし
贈与税は、税率では相続税より高くなっておりますが、長年かかって少しずつ贈与できますので、基礎控除や低い税率を活用することで相続税対策の一環としても考えられております。贈与税の計算の方法は、1月1日から12月31日までの1年間に個人から贈与を受けた財産の価額の合計額を「課税価格」として計算します。
参考その3

不動産の贈与
不動産の贈与については、個人間のやり取りでは財産をもらった人に贈与税がかかりますが、法人に不動産を贈与すると財産を手放した人にも税金がかかるので注意が必要です(贈与した時の不動産の評価額がその不動産を取得した取得費より大きい時、譲渡所得課税の対象となります)。不動産贈与のメリットとして、不動産を贈与した場合、その不動産の評価額が贈与税の課税対象になりますので現金や預金を贈与するより有利になります。特に、アパート・マンションなどの貸家では、更に評価額が低くなりますのでさらに有利といえます。
不動産取引におけるトラブルの最大の原因ってなんでしょうか?
不動産購入の契約を結ぶときは、非常に多くの書類のやりとりをします。実際にやってみるとよくわかるのですが、ひとつひとつの書類を確認するのはとても大変なことです。言われるままに、サインをして印鑑を押してしまうのも仕方がないことなのかもしれません。しかし、不動産取引におけるトラブルの最大の原因は、売買契約書・重要事項説明書などの内容についての理解不足です。不動産売買におけるトラブルに悩んでいる多くの方に共通していえることは、売買契約書や重要事項説明書などをよく理解せずに記名押印をしているということです。
特約や特記事項などは特に要注意
※特約や特記事項など特に注意が必要です。
「現状を受け入れないといけないこと」、「いつまでに何をやらなければいけないか」、そして「出来なかったときの対処の仕方」などをしっかり理解しましょう。
また、「言った、言わない」のトラブルも多く見受けられますので、約束事は出来るだけ書面に残すようにしてください。



Copyright (c) 2008 YAMATO.,ltd All Rights Reserved.